投稿者

太郎缶

作品名

DIY0.0

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

賃貸住居には、どこか冷たさがある。
それは、自分のためだけに造られたわけではないという、賃貸住居の本質が原因じゃないかと思う。
だから僕は、理想の賃貸住居を「賃貸なのに、自分のためだけに造られる場所である」としたい。
そうしたらきっと、どこか安心感があって、生活も充実したものになる気がする。

けど、0から物を、ましてや自分の住む場所を造るのは無理がある。
なら、壊すのはどうだろう。
用意されたものを壊して、自分の場所を造る。
これなら大丈夫そうだ。

木造のジャングルジムみたいなものを、部屋いっぱいにつくっておく。
借りた人が、それを壊しながら自分の住む場所を造っていく。
それが、部屋にもインテリアにもなって、生活を包んでくれる。
造って気に入らなかったら、材を買ってきて継ぎ足せばいいだけだ。

「壊すというある種本質的な創作行為、しかも住む場所を造るという行為」という意味で、「DIY0.0」と名付けた。
今まで賃貸住居が得られなかったものを、簡単に得られるなんて、素敵じゃない?

  • 住んでみたい

Share