投稿者

はぴど

作品名

デジタルハウス

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

バイオマス発電の発達や人工減少、電気料金の推移などを見ると、将来的に今とは比べ物にならないほどの電力を消費できる、大量電力消費の未来が予測できます。そのうえで、よりよい賃貸住宅を考えてみましょう。
現代社会に残る賃貸住宅の大きな課題の一つに「引っ越しの手間」があります。引っ越す度に大きな家具を運ばなければならず、部屋を自分好みにするまでにも時間がかかります。また、出て行くときにはせっかく買った家具を捨てるなんてこともあります。このような課題は現代では解決することができませんが、「大量電力消費の未来」でなら、解決できるのではないでしょうか?
 例えば、近年あらゆるものが電子化しています。本はkindleという電子端末になり、ネットワーク家電が登場し始め、デジタルサイネージという電子端末があちこちに出現しています。もしも本棚やテレビなどが電子パネルに収まったのなら?カレンダーやポスターが壁に表示させられるようになったのなら?一つのスクリーンの中にあらゆる家具・部屋のデコレーショングッズの機能が備わっていれば、今よりもずっと便利で新しい賃貸住宅の姿があるのではないでしょうか?

Share